知識が最大の武器

費用の知識

colorful roof

建築から約10年で必要だと言われている外壁塗装ですが、その費用がどれくらい掛かるのか分からない方も多いと思います。家の状態で金額が変わりますが、失敗しないためにも、塗装に使う素材や塗装する面積の違いで、掛かる費用の相場を知ることが重要です。 一般的に外壁塗装に使う素材の金額は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、光触媒と上がっていきます。金額が高くなるにつれて耐用年数も上がっていきます。 しかし、同じ素材を使うにもかかわらず業者によって費用に差がでたり、中には悪徳業者も存在するため、見積もりを行う時は、必ず複数の企業に出すことが重要です。 また、外壁面積で金額が変わるため、自分の家の外壁面積を知るとある程度、外壁塗装にかかる費用が予測できます。

日本の塗装の歴史

日本に外壁塗装が根付いたのは、明治維新後に西洋の建築文化が入ってきた頃だと言われています。それまでは外壁に塗装するという文化はなく土壁が基本だったようです。 合成樹脂が開発されてからは塗装の技術が著しく発展してゆき、戦後にはエポキシ樹脂や塩化ビニル樹脂が開発され実用的な塗装が可能になりました。その後、塗装技術はされに発展し続け、現在では、フッ素、ウレタン、シリコンなど耐性に優れた塗料が使われていゆきます。 さらに塗装技術は進化し続け、最近では耐性に優れたものだけではなく付加価値がついた塗料が登場しています。 カビの発生を防ぐ防カビ抗菌塗料、太陽の光で汚れを落とす光触媒塗料、温度の上昇を防ぐ遮熱塗料などが代表例です。 このような付加価値を持った塗料を使う時は家が建っている場所によって必要かそうでないかをじっくりと検討していくことが大切です。